カレーになりたい 181228

ラボにいろんな人が出たり入ったりした。
最終的に深夜2時ごろまで、僕を含めて6人のメンバーでウィスキーを飲んだ。主に話した内容は、AIR SPICEの競合事業立ち上げについて。AIR SPICEをやっていて、「これがあったらいいのに」とか「いつかこれがやりたいな」とか思うことがたくさんある。「あれをやってほしい」とか「あれはやらないんですか?」とかお客さんから言われることもたくさんある。
でも、僕はAIR SPICEをこれからもきっとひとりでコツコツとやりながら、ライフワークとしてカレーを探る旅を続けるつもりでいるから、なかなか時間が取れそうもない。
AIR SPICEできないことを別の会社、別のブランド、別のメンバーで実行できたら、喜んでくれる人は増えるはずだ。もし事業がほんの少しだけでも軌道に乗ったら、みんなで楽しめることをその先で探してみるのも楽しそう。
真っ先に僕がやりたいと思うことについて、新ブランドでどうやっていくのがいいのか、議論した。まずはブランド名をつけよう、ということになり、いったん、「DEAR SPICE」となった。「親愛なるスパイスたちへ」。
こんな風に飲みの場でみんなが声を張り上げてひとつのテーマで盛り上がることは、たとえば、東京カリ~番長時代もゴマンとあった。でも、翌日から誰も動かず、お蔵入りした企画ばかりだった。さて今回は、どんな風になるのかな。進むかな。進むといいな。
もし、競合ブランド「DEAR SPICE」が盛り上がって、「AIR SPICE」の事業が立ち行かなくなったら、僕は「DEAR SPICE」チームにスタッフとして雇ってもらうことにしよう。
また来年から新しく始めたいことが増えた。そんな時間、あるのかな。おびただしい量の新刊の原稿を書かなきゃいけないというのに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA


▲UP