カレーになりたい 180613

自転車に乗っている時間は、誰にも邪魔されない大事な時間だ。
だからなのか、乗っている間はとても気持ちがいいし、
だからなのか、乗っている間は誰にも気が付かない。
ウミネコカレーから「LOVE SPICE」を店頭に置きたいというリクエストをもらい、
移転後初めて訪問する。
店主の古里くんと話をしていたら、
「この前、水野さん、見かけましたよ」
「え? どこで?」
「そこの商店街を、自転車で、猛スピードで走ってました」
僕は全く気がづかなかった。
そういえば、前に「HENDRIX」に行ったら店主の若林さんが、
「この前、水野さんとすれ違いましたよ」
「え? どこで」
「◎◎スーパーの前で。自転車で」
僕は全く気がつかなかった。
自転車に乗っているときは、だいたい鼻歌を歌っているか、
考えごとをしているかだからなのだろう。
そういえば、これまで僕がカレーでアウトプットしてきたものは、
まあまあな確率で自転車の上で思いついたものだったりするんじゃないかな。
自転車はいいなぁ。
電動アシストも欲しいなぁ。
そしたらそこそこの長距離も走れそうだし、
カレーのひらめきもアシストしてもらえそうだ。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA


▲UP