カレーになりたい 180408

飲食店の名前を覚えなくなって、どのくらい経つだろう。
5~6年以上は経つ気がする。
知人が「スリランカ」に行くという話を聞き、「どこかオススメのお店はありませんか?」と聞かれた。
ああ、そういえば、あの店はおいしかったな、と思ったからその店について何がどうよかったのかを話したのだけれど、肝心な店の名前が出てこない。出てこないのも当然だ。僕はその店を友人の紹介で知って出かけていき、店の名前をインプットしないまま「うまい、うまい」と食べて帰ってきたのだから。メモもなければショップカードも持ち合わせてはいない。
知人が「上海」に行くという話を聞き、「どこかオススメのお店はありませんか?」と聞かれた。
ああ、そういえば、あの店はおいしかったな、と思ったからその店について何がどうよかったのかを話したのだけれど、肝心な店の名前が出てこない。出てこないのも当然だ。僕はその店を友人の紹介で知り、現地で実際に連れて行ってもらい、店の名前をインプットしないまま「うまい、うまい」と食べて帰ってきたのだから。メモもなければショップカードも持ち合わせてはいない。
どちらのパターンも僕にその店を教えてくれた友人からもらった情報を転送してオススメすることにした。
「どこがおいしいですか?」的な質問をよく受けるのは、僕がグルメな人種だというイメージがあるからなのだろうけれど、それは全く誤りだ。僕は“グルメ”ではないし、“グルメに興味のある人間”でもない。極端に言えば、食べるものはおいしくてもまずくてもどっちでもいいと思っている。おいしかったらおいしかったでいいし、まずかったらまずかったでいい。まずいよりはおいしいほうがいいけれど、おいしいレストランを求めて奔走するようなことは本当にしなくなってしまった。昔からそうだったのではなく、この5~6年は特にそう感じになってしまったということだ。
「僕が好きなあの人が好きな店」というのにはすごく興味があるんだけどな。そのレストランや料理の味わいそのものにはそんなに興味があるわけではないのかも……。
まがりなりにも料理の世界で仕事をしている人間なのだから、こういうことは書かないほうがいいのかもしれないなぁ。でも書いちゃったな。イメージダウンだな。消そうかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA


▲UP