カレーになりたい 170710

最近、僕が作るカレーの定番を「チキンスパイスカレー “フルーツ&スパイス”」にしているのは、オレンジとフェンネルの相性がよく、チキンカレーをすごくおいしくしてくれることを発見したからだ。さらには、フルーツとスパイスのフレーバーの掛け合わせバリエーションの数だけチキンスパイスカレーが楽しめる。要するにひとつのフォーマットで新作を次々と開発できそうなスタイルだと思ったことも理由のひとつ。
だからフードトラックでは、“オレンジ&フェンネル”と“レモン&セロリシード”を定番としている。3つ目の定番として、“プラム&クローブ”というのをやろうと思っていたけれど、そこに刺客が。
沖縄・やんばるで出会ったパッションフルーツだ。うまかった……。農家の奈良さんが、育てたパッションフルーツを畑で食べた。収穫したてをほおばったのではなく、冷凍したものを食べた。こうするとうまいという。炎天下の中、鎌で先っぽを切り落としたパッションフルーツにスプーンを突っ込んで食べる。シャリシャリしておいしい。東京にいるとこの果物を食べる機会はほとんどない。こんなにおいしいものかと感動した。
翌日のライブクッキングで早速、使う。相方のリーダーと相談して、「チキンスパイスカレー “パッションフルーツ&カルダモン”」に決めた。これが大正解だった。“オレンジ&フェンネル”よりもおいしくできたかも、と感じたのは、沖縄の気候とイベントの楽しいテンションのおかげなのかもしれないけれど。
スパイスを持ってフルーツを探しながら日本全国を旅したいと思った。旅先で次々と新作のチキンスパイスカレーが生まれる。ああ、東京にじっとしていてはいけない……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA


▲UP